ローズヒップ【ローズヒップティー】【ローズヒップオイル】

ローズヒップは美容と健康に良い成分が豊富に含まれています。

* * *
*

【ローズヒップ】

ローズヒップとは、南米のチリやペルーに生息する,ドッグローズという野バラの実のことを言い、毎年10月位から薄いピンクや白の花を咲かせ、3月位に真っ赤なローズヒップの実になります。ローズヒップには、美容と健康に良い成分が驚くほどたくさん含まれており、昔から、ヨーロッパなどではとてもなじみ深い植物です。ローズヒップの外皮は、お茶やジャムに利用され、種子からはオイルが摂ることができます。

スポンサードリンク
ローズヒップの主な栄養成分
ビタミンC レモン約20個分
ベータカロチン にんじんの約2倍
カルシウム 牛乳の約9倍
マンガン ワカメの約2倍
ホウレン草の約2倍
リコピン トマトの約8倍

この他にもビタミンA,ビタミンE,ビタミンPを豊富に含んでおり、美肌効果だけではなく、貧血、風邪の予防、イライラ解消、生理痛、眼精疲労、花粉症、二日酔い、利尿作用などにも効果があるといわれています。

*
* * *
* * *
*

【ローズヒップティー】

ローズヒップティーとは、真っ赤に熟した実の外皮を、天日で2週間〜3週間乾燥させ細かく砕いた物のことを言います。ローズヒップティーは、ノンカフェインで無農薬のものを選ぶと、お子様や妊娠中、授乳中の方にもお勧めです。

ローズヒップティーの飲み方

  1. スプーン1杯(5グラム)を、90℃のお湯で、約4分抽出して飲みます。ほどよい酸味のお茶ができあがります。また、少し濃い目に抽出し、氷を入れてアイスで飲んでもおいしいでしょう。お好みで、砂糖やハチミツを入れても良いでしょう。
  2. 抽出し残ったローズヒップティーは、ハチミツや砂糖を入れてジャムを作ったり、料理にも使うことができます。

簡単に作れる料理を紹介しましょう。

■ローズヒップごはん

といだお米3合に、ローズヒップ大さじ3を混ぜ炊きます。炊き上がったごはんに、合わせ酢(酢60cc、砂糖大さじ3、塩大さじ1)を混ぜできあがりです。

■ローズヒップスープ

鶏肉を一口大に切り、にんにくで炒めます。にんじん、キャベツ、たまねぎ、などお好みの野菜と、炒めた鶏肉、ローズヒップ大さじ1をカップ3杯の水と固形スープの素で煮ます。最後にパセリを散らしてできあがりです。


【ローズヒップオイル】

ローズヒップオイルとは、ローズヒップの種子から抽出されるオイルで、お肌のかさつき、たるみ、小じわ、シミ、毛穴などが気になる方に効果があるとされています。保湿成分も豊富に入っており、マッサージオイルとして使っても良いでしょう。

ローズヒップオイルの使い方

ローズヒップオイルは、お休み前のお手入れが効果的です。
クレンジング、洗顔をした後、化粧水をつけます。ローズヒップオイル1〜2滴を手に取りお肌になじませます。その後、いつもの乳液で保湿しましょう。また、脂性の方は、ローズヒップオイル1〜2滴を、乳液に混ぜて使うのもよいでしょう。

ローズヒップオイルのマッサージの仕方

蒸しタオルを顔にあて、しばらく待ちます。ローズヒップオイルを4〜5滴手に取り、顔を下から上へ、やさしくマッサージします。毛穴の開きが気になる方におすすめです。

スポンサードリンク

*
* * *

"ローズヒップ"について ダイエット TOP