骨盤体操

骨盤体操は新陳代謝を上げて血行促進しダイエット!

* * *
*

【骨盤体操】

お気に入りのジーンズ、先週まではぴったりサイズだったのに・・・そういえば最近お尻のあたりが太ってきたな・・・
なーんて思っていたら次の週にはぴったりサイズに!なんてことはありませんか?特にダイエットをしたわけでもないのにどうしたのでしょう?これにはちゃんとした理由があるのです。それは女性の月経周期と大きく関係していて、排卵期や月経期によって骨盤が閉じたりまた開いたりしているのです。骨盤体操をして引き締まったお尻を手に入れましょう!

スポンサードリンク
 
骨盤ってどこの骨?

骨盤とは人間の腰の部分にある骨で、小腸、直腸、生殖器、膀胱、子宮などを包み衝撃などから保護している骨のことです。骨盤は人間が直立で歩くためには必要な骨ですが、姿勢の悪い歩き方や足を組むなどが原因で骨盤がゆがんでしまうことがあります。骨盤がゆがんでしまうとどうなるかというと、骨盤がゆがんでしまうと肩コリや頭痛、めまい、腰痛、生理痛などの症状が起こってしまいます。また骨盤のゆがみが原因で血行障害を起こし、内臓にまで影響が出ることもあります。その他にも骨盤が開くことによってお尻の部分や足だけが太ってしまうこともあり、お尻が垂れてきた、O脚になってきたなどの下半身のスタイルが保てない原因になったりもするのです。

【骨盤がゆがむとどうなるの?】

骨盤がゆがんでしまうと肩コリや頭痛、めまい、腰痛、生理痛などの症状が起こってしまいます。また骨盤のゆがみが原因で血行障害を起こし、内臓にまで影響が出ることもあります。その他にも骨盤が開くことによってお尻の部分や足だけが太ってしまうこともあり、お尻が垂れてきた、O脚になってきたなどの下半身のスタイルが保てない原因になったりもするのです。骨盤体操は骨盤のゆがみを元の位置に戻すのに効果的な体操です。

【骨盤のゆがみの原因】

骨盤のゆがみにはいくつかの原因があります。1つ目に運動不足による筋肉の衰えがあります。骨盤を支える筋肉が衰えてしまうと骨盤がズレてしまいゆがみにつながってしまうのです。2つ目に日常生活の中でのクセがあります。座るときに足を組んでしまったり、普段の姿勢の悪さよって起こる骨盤のゆがみです。3つ目は出産経験のある女性に限ってですが、出産の際に骨盤が広がったことにあります。出産後の骨盤体操は産後6ヶ月以降に行ってください。

【骨盤のゆがみと月経周期】

月経がある女性の骨盤は、排卵期と月経期に合わせて開いたり閉じたりしています。月経が終わってから排卵する時期に向かって骨盤は閉じて生きます。また排卵が終わると次の月経開始に向かって骨盤は開いていくのです。月経のリズムには個人差がありますが、月経が28日周期の女性の場合2週間ごとにお尻が引き締まって見えたり、垂れて見えたりを繰り返しているのです。基礎体温で自分の排卵期を予測し骨盤が開いていく時期に向かって骨盤体操をしましょう。

【骨盤体操 方法】

  1. 軽く足を開き仰向けに寝る。
  2. 足の甲を伸ばし気味に、左右の親指をくっつける。
  3. そのまま足を床から25cm〜30cm上げる。
  4. 上げた状態を5秒保ち、5回〜10回繰り返す。

    スポンサードリンク

*
* * *

ダイエット TOP